国別大学院留学事情

カナダ大学院留学の特徴

カナダの大学院は北米になりますのでアメリカの大学院に教育制度やスケジュールは非常に似ています。
ただアメリカとの一番の大きな違いは私立校が極端に少ないということです。アメリカは教育ビジネスが盛んな国ですので、トップ校は私立校が多いのが現状です。一方カナダはほとんどが州立校のため学校数がアメリカに比べると非常に少ないうえに、教育水準は非常に高い学校がそろっておりますので、一般的にどの学校も入学難易度が高いのが現状です。

一年目

秋学期(Fall Semester) 冬期休暇(Winter Break) 春学期(Spring Semester)
9月(入学)〜12月 1月 2月〜5月
基礎科目 冬休み 専門科目

二年目

夏季休暇 秋学期(Fall Semester) 春学期(Spring Semester)
6月〜8月 9月(入学)〜12月 2月〜6月(卒業)
夏休み(インターンシップ) 専門科目(ゼミ等) 専門科目→卒業

学校数が少なく教育制度が高い:

カナダの大学はほとんどが国立なうえ、同じ北米のアメリカが4000校を越えるのに対し、カナダの大学は約400校程度しかありません、しかもそのほとんどが国立大学のため、どの大学も教育水準が非常に高くその分入学難易度も非常に高くなります。

また意外と知られていない事実として、カナダの大学院はアメリカと異なり研究色の非常に強いコースが多いことも特徴です。例えば2年間で終了するコースで、2年目を全て研究に充てるコースも少なくありませんし、Master of Researchという研究専門のコースも数多く開講されています。

入学難易度が高い:

前項でも書いたようにカナダは非常に大学数が少ないことが特徴です。そのうえ平均的に教育制度が非常に高いので、必然的に出願者の倍率が非常に高くなり結果入学難易度が高くなります。特に大学時代の評定平均であるGPAは非常に重要で、通常3、5以上が求められます。またGRE,GMATといったテストの要求スコアも非常高く、相対評価である書類選考でいかに他の出願者と差をつけるかが重要になります。

公立校が多く学費が安い:

カナダは公立校が多いため比較的学校が少ないことが特徴ですが、もうひとつの特徴はその学費の安さです。公立校がほとんどですので、McGillやToronto大学などでも北米のトップスクールと比べると非常安く済みます。また学費が安いだけでなく学生寮が非常に充実しており、ご夫婦専用や留学生専用、女子学生専用など様々な学生寮を整備しています。寮費も非常に経済的ですので、入寮はとても人気があるためできるだけ早く入寮手続きを行う必要があります。

Search for Programs

Field of Study(分野)

Course(専攻)

Location(留学先)

アメリカ全土
アメリカ西海岸
オーストラリア
ニュージーランド

アメリカ東海岸
イギリス
カナダ
ヨーロッパ

Key Word(キーワード検索)


   


大学院留学専門トータルサポート 大学院留学コンサルティング株式会社

TOEFLiBT専門対策なら、TOEFLiBT対策カレッジ

IELTS対策専門 IELTS対策コーチングセンター

個人で成功する、大学院留学 留学エージェントに頼らないで成功する

大学院留学Q&A 海外大学院留学事情 合格者インタビュー キャリア別専攻一覧 大学院留学専門情報サイト

MBA留学センター

大学院留学何でも相談室 大学院留学Q&A

東京国際フォーラムにて、大学院留学セミナー毎月開催中

広告掲載希望≫