国別大学院留学事情

ヨーロッパ大学院留学の特徴

イギリス以外のヨーロッパ(スペイン、フランス、ドイツ、オランダなど)の大学院を検討する際進路は大きく二つに分かれます。一つは現地の言語を習得し、現地の学生が通うコースに入学する方法です。その際最も重要なことはスペイン語やフランス語といった言語を現地の学生と同じレベルで使い使いこなす必要があるということです。もちろん大学によっては付属の語学学校が併設されておりそこでそういった現地の言語を学び大学院に進学することも可能です。
もう一つの方法は、英語で授業を行っているコースに進学する方法です。スペインやフランス、ドイツ、オランダなどの大学院では、英語で受講を開講している学校も多く、そういったコースに進学すれば現地の言語は生活に困らない程度習得していれば問題ありません。

ヨーロッパの大学院は一年間:

ヨーロッパの大学院は通常イギリスと同様一年間で修士号が取得可能です。ただコースによっては1,5年〜2年間のコースもあり下記はモデルケースとなります。

一年目

秋学期(Fall Semester) 冬期休暇(Winter Semester) 夏学期(Summer Semester)
9月(入学)〜12月 1月〜5月 6月〜8月
基礎科目 専門科目 修士論文作成→卒業


多彩なコースは全て英語で履修が可能:

イギリスを除くヨーロッパの大学院では、各国の言語ではなく英語で授業を全て履修することのできるコースが数多く開講されています。例えばスペインのESADEやフランスのESSECなどは世界的にも有名なビジネススクールですが、全て英語で授業は行われますので、スペイン語やフランス語は生活に支障がない程度で習得していれば問題ありません。またオランダはそのお国柄や歴史にも裏づけされた開発学や環境学、国際関係学などのコースで幅広く英語で履修できるコースを開講しています。

通常こういったコースは全て英語で授業が行われるので、現地の学生だけでなく非常に国際色豊かなことも特徴です。

Search for Programs

Field of Study(分野)

Course(専攻)

Location(留学先)

アメリカ全土
アメリカ西海岸
オーストラリア
ニュージーランド

アメリカ東海岸
イギリス
カナダ
ヨーロッパ

Key Word(キーワード検索)


   


大学院留学専門トータルサポート 大学院留学コンサルティング株式会社

TOEFLiBT専門対策なら、TOEFLiBT対策カレッジ

IELTS対策専門 IELTS対策コーチングセンター

個人で成功する、大学院留学 留学エージェントに頼らないで成功する

大学院留学Q&A 海外大学院留学事情 合格者インタビュー キャリア別専攻一覧 大学院留学専門情報サイト

MBA留学センター

大学院留学何でも相談室 大学院留学Q&A

東京国際フォーラムにて、大学院留学セミナー毎月開催中

広告掲載希望≫