国別大学院留学事情

北欧大学院留学の特徴

北欧というと北ヨーロッパを指しフィンランドやアイスランド、更にはグリーンランドまで含むと考えている方が多いようですが、ここでは留学先として特に人気のあるスカンディナヴィア諸国(スウェーデン、ノルウェイ、デンマーク)に絞り紹介したいと思います。

北欧の大学院は通常二年間で修士号を取得することが可能ですが、専門コースや留学生用コースなどでは1年〜3年間と様々なコースが開講されています。

一年目

第一学期(Semester 1) 冬期休暇(Winter Break) 第二学期(Semester 2)
2月(入学)〜6月 7月 7月〜11月
基礎科目 冬休み 専門科目

二年目

夏季休暇 第一学期(Semester 1)
12月〜1月 2月〜6月(卒業)
夏休み 修士論文作成 →卒業

北欧の大学は全て授業料無料?:

北欧の大学及び大学院は全て授業料が無料という話をよく耳にしますが、現在では留学生の増加により現状が変化しています。もともと北欧の大学はそのほとんどが王立または国立大学で、授業料に関しては原則政府が負担していました。以前は留学生も例外ではなったのですが、現在EU加盟国以外からの留学に対して授業料が原則無料なのはノルウェーだけで、ノルウェーも定の専門教育プログラム、高度で特殊な教育プログラム、またはいくつかの私立教育機関での研究については、学費がかかることがあります。一方スウェーデンは2011年度入学生からEU加盟国以外からの学生には授業料が課せられますし、デンマークは一足早くEU加盟国以外の国からの留学生には授業料を課す法律が制定されています。

留学生には政府が奨学金を提供
UE加盟国以外からの留学生に授業料を課すことになった背景には、授業料が無料ということで留学してくる学生が近年大幅に増加したことが挙げられます。ただデンマークでは授業料を課す代わりに、デンマーク政府が留学生を対象に奨学金制度を制定しています。通常デンマーク大使館で最新情報を取得することが可能です。またスウェーデンでも同様に政府が奨学金制度を提供しています。

北欧の大学院では幅広く英語のコースが開講:

北欧の大学院を目指す際、最初に決めなければならないことは現地の言語を習得し現地学生と同じコースに進学するか、英語のみで授業を開講しているコースに進学するかということです。もちろん現地の言語を習得すればそれだけ進学できるコースの幅も広がりますし、現地学生とのコミュニケーションも広がり現地の文化なども吸収することができとても有意義な留学となりますが、第二言語として英語を勉強してきた私たちには北欧の言語を習得するには事前知識なない分それだけ時間と労力が掛かることは言うまでもありません。現在スウェーデンはスウェーデン語、ノルウェーはノルウェー語、デンマークはデンマーク語とそれぞれの国で言語が確立されています。ただそれぞれの言語はゲルマン諸語の類縁関係にあり、スウェーデン語とノルウェー語は意思疎通が可能といわれています。ただいずれにしても現地学生と不都合なくコースを履修するためには上記のような現地の言語習得する必要があります。

一方北欧の大学院では全て英語で履修可能なコースが幅広く開講しています。特に北欧で人気のコースである、建築デザイン、家具デザイン、環境、社会福祉などのコースは留学生を対象とした全て英語で履修できるコースが幅広く開講しています。もちろんこういったコースは英語力の証明ができれば出願することが可能です。

Search for Programs

Field of Study(分野)

Course(専攻)

Location(留学先)

アメリカ全土
アメリカ西海岸
オーストラリア
ニュージーランド

アメリカ東海岸
イギリス
カナダ
ヨーロッパ

Key Word(キーワード検索)


   


大学院留学専門トータルサポート 大学院留学コンサルティング株式会社

TOEFLiBT専門対策なら、TOEFLiBT対策カレッジ

IELTS対策専門 IELTS対策コーチングセンター

個人で成功する、大学院留学 留学エージェントに頼らないで成功する

大学院留学Q&A 海外大学院留学事情 合格者インタビュー キャリア別専攻一覧 大学院留学専門情報サイト

MBA留学センター

大学院留学何でも相談室 大学院留学Q&A

東京国際フォーラムにて、大学院留学セミナー毎月開催中

広告掲載希望≫