海外大学院で学べる専攻

法律学系の専攻について

通常Master of LawをLLMと呼びますが、LLMの中でもその研究テーマは非常に多岐にわたります。もちろん既に弁護士資格をお持ちの方がさらに専門知識をつけるために留学するケースもありますが、法律学学士を持っていなくても入学できるLLMのコースもあります。そのため皆さんのバックグラウンドや目的によって注意深くコースを検討する必要があります。ここではLLMの中でも特に日本人留学生に人気の専攻を紹介しています。

■商法(LLM Commercial Law)

国際法は、条約、慣習国際法、そして法の一般原則によって成り立っています。国家間における国家および国際機構の行動に対して適用される法律だけに、その分野は非常に幅広く、国際機構法、海洋法、国際人権法、国際経済法、国際環境法、武力紛争法と研究分野は非常に多岐に渡ります。

条約とは、一定の国家、国際組織がその同意をもとに結ぶ契約である。契約当事者間において拘束力を有し、二国間条約と多数国間条約があり、ともに当事者の合意によって成立する。またとは慣習国際法は条約と同等の効力を有する法源である。慣習国際法として成立したとされれば、国際法として国家を拘束します。

■国際法(LLM International Law)

国際法は、条約、慣習国際法、そして法の一般原則によって成り立っています。国家間における国家および国際機構の行動に対して適用される法律だけに、その分野は非常に幅広く、国際機構法、海洋法、国際人権法、国際経済法、国際環境法、武力紛争法と研究分野は非常に多岐に渡ります。

条約とは、一定の国家、国際組織がその同意をもとに結ぶ契約である。契約当事者間において拘束力を有し、二国間条約と多数国間条約があり、ともに当事者の合意によって成立する。またとは慣習国際法は条約と同等の効力を有する法源である。慣習国際法として成立したとされれば、国際法として国家を拘束します。

■税法(LLM Taxation Law)

税法を専攻とする場合はどこで学ぶかということが非常に重要になります。例えば、日本とアメリカの税法について比較すると、日本の国税にあたるアメリカの連邦税については日本のように所得税、法人税、消費税などそれぞれ独立した税法体系はもっていません。また日本の地方税に相当する州税については、各州の州法に租税についての規定があるため、州によって定められている内容も異なります。

海外の大学院で税法を学ぶ場合は、日本で既に税務関係の仕事に就いている方、また既に弁護士資格をお持ちの方で海外の税法について精通する必要がある方などが多いのが特徴です。

■環境法(LLM Environmental Law)

環境法はその名の通り生活環境及び自然環境保護に関係する法律ですが、その研究分野は非常に多岐に渡ります。公害法、自然保護法、国際環境法、環境刑法、企業環境法 環境法(かんきょうほう)とは、環境(生活環境・自然環境)の保護に関連する法、ないしそれを扱う法学上の分野。特に環境問題についての法律を国家間で取り決める国際環境法や、様々な環境問題について企業に問うべき法律として生まれた企業環境法などは今後注目を集める研究分野といえると思います。

いずれにしても現在特に問題視されている野生動物保護、途上国の環境対策に対する援助、兵器を含む様々な過度な文明による環境汚染、など今後私が取り組まなければならない問題は環境分野については山済みです。そのため環境法は今後さらに研究分野は多岐に渡ると見られ、今後のさらに注目される研究テーマと言えるでしょう。

Search for Programs

Field of Study(分野)

Course(専攻)

Location(留学先)

アメリカ全土
アメリカ西海岸
オーストラリア
ニュージーランド

アメリカ東海岸
イギリス
カナダ
ヨーロッパ

Key Word(キーワード検索)


   


大学院留学専門トータルサポート 大学院留学コンサルティング株式会社

TOEFLiBT専門対策なら、TOEFLiBT対策カレッジ

IELTS対策専門 IELTS対策コーチングセンター

個人で成功する、大学院留学 留学エージェントに頼らないで成功する

大学院留学Q&A 海外大学院留学事情 合格者インタビュー キャリア別専攻一覧 大学院留学専門情報サイト

MBA留学センター

大学院留学何でも相談室 大学院留学Q&A

東京国際フォーラムにて、大学院留学セミナー毎月開催中

広告掲載希望≫