初めての方へ

大学院留学協会の理念:

現代は究極の情報化社会と言っても過言ではないと思います。パソコンを開き月額4千円程度も支払えば必要な情報はほぼ全て無料で手に入れることができます。もちろん海外大学院に関する情報が必要であればインターネットで海外大学院と検索すれば数限りない情報を入手することができるでしょう。また最近では情報提供を行っているのは企業だけでなく個人のブログなどを使用し積極的に情報発信を行っています。そしてそういった情報を私たちは無料でいつでも見ることができるのです。

それではなぜこんなにも多くの企業や個人が積極的に無料で情報発信を行っているのでしょうか?
それは、

企業→情報を発信し集客を行う、また特定の学校から生徒を紹介する見返りとして紹介料を得ている
個人→情報を発信しHPに人を集め自分のブログなどに広告を載せ広告主から利益を得ている


以上のように無料で閲覧できる情報にはそれなりのカラクリがあることを見逃していけません。

情報が錯乱した時代の中で:

以上のように現代社会は企業が、個人が、様々な思惑の中で様々な主観が入った情報を発信し、自分の情報が一番正しいく有益であると謳います。もちろん中には主観で綴った情報も利益目的で発信した情報も有益なものもあるかもしれません。しかしこの情報が錯乱した時代に一体どのようにして有益な情報を選び、閲覧することができるでしょうか?

先日オーストラリアのメルボルンを扱っているサイトでメルボルンにある大学院が多数紹介されていました。そこで驚いたことにメルボルン大学が紹介されていないのです、、、 メルボルン大学と言えばシドニー大学の次に古い大学として有名なグループエイトにも名を連ねる名門中の名門です。ではなぜそのホームページではメルボルンにある大学が多数紹介されていたにも関わらずメルボルン大学が紹介されていないのでしょうか?

「それはメルボルン大学から紹介料を得ることができないからです」

生徒を入学させても紹介料がもらえないのではボランティアになってしまいます。そのため紹介料をもらえる契約を交わしている学校のみ紹介しているのです。

このような情報が錯乱した時代だからこそ、私たち大学院留学協会が運営する「海外大学院サーチ」は、特定の学校から掲載料をもらうことも、紹介料をもらう契約も一切行っておりません。あくまで独自の掲載条件に基き、留学生が安心して通うことができ、レベル、知名度とも一定の条件を満たしている学校のみ掲載しています。これは企業のCSR活動の一環として非営利目的で運営されている大学院留学協会だからこそ可能なことだと思っています。

Search for Programs

Field of Study(分野)

Course(専攻)

Location(留学先)

アメリカ全土
アメリカ西海岸
オーストラリア
ニュージーランド

アメリカ東海岸
イギリス
カナダ
ヨーロッパ

Key Word(キーワード検索)


   


大学院留学専門トータルサポート 大学院留学コンサルティング株式会社

TOEFLiBT専門対策なら、TOEFLiBT対策カレッジ

IELTS対策専門 IELTS対策コーチングセンター

個人で成功する、大学院留学 留学エージェントに頼らないで成功する

大学院留学Q&A 海外大学院留学事情 合格者インタビュー キャリア別専攻一覧 大学院留学専門情報サイト

MBA留学センター

大学院留学何でも相談室 大学院留学Q&A

東京国際フォーラムにて、大学院留学セミナー毎月開催中

広告掲載希望≫